転職支援

転職エージェントおすすめランキング

総合型と業種特化型あなたに合う転職エージェントはどちら?

転職エージェントの二つのタイプである総合型と業種特化型を上手に使い分けるのが、効率よい転職活動のポイントです。

 

転職エージェントの二つのタイプ

転職エージェントには、大まかに、以下の二つのタイプがあると言われています。それぞれの特徴をまとめました。

 

総合型

よく言えば何でもござれ、様々な求人企業を過不足なく揃えているタイプ。大手の転職エージェントに多いのが、このタイプです。悪く言えば、特徴がないということですが、多くの場合、キャリアカウンセラーなど担当者レベルに、業界に特化した社員をそろえています。

 

業種特化型

「医業での転職なら我が社」などと、特定の業界に特化した転職支援を得意とする転職エージェント。特定の業界と強いパイプを持つ会社が多く、その業種への転職希望者には心強い存在です。もちろん、特定の業種以外の転職先も扱っている場合があります。

 

総合型と業種特化型の上手な使い分け方

転職エージェントは、転職先の幅を広げ、アンテナを張り巡らせて情報をたくさん得るために、複数登録するのが常識です。複数登録した場合、効率的な転職活動をするために、自らの転職活動スタイルに合わせて、メインを定めましょう。

 

総合型と業種特化型に登録した場合、どちらをメインに定めるべきでしょうか?
それはあなた自身が労働条件を重視するのか、あくまで特定の業種への転職を目指すかによって異なってきます。

 

特定の業種に転職したいけれど、労働条件によっては他の業種も考えてよいという方は、総合型をメインにすべきでしょう。
一般的に登録している求人企業の数が多く、様々な労働条件を比較検討することができるからです。労働条件を検討して、満足いく転職先を探しましょう。

 

特定の業種しか考えていないという方は、業種特化型をメインにすべきです。
業種特化型転職エージェントの、特定の業界との強いパイプを、十分に利用して、希望通りの転職を目指しましょう。

 

転職エージェントの二つのタイプ、「総合型」、「業種特化型」についてと、その使い分け方が、おわかりいただけましたでしょうか。上手に使い分けて、効率よい転職活動を行ってください。

登録する転職エージェントを絞る際に注意すべきこと

大手の転職エージェントは求人数が多いからと言って、すぐに飛びついてはいけません。

 

求人数が多いからといって良い転職先が見つかる可能性が高いわけではない

大手の転職エージェントのサイトを見ると、求人数何千とか何万とか、書かれているのが目につきます。求人数から考えてここなら大丈夫だろうと考えがちです。

 

その考え方は、一般論で言えば正解ですが、転職活動が個人的な問題であることを考えると、正解とは言えないと思います。当然ですが、求人には応募条件があり、残念ながら応募できない場合もあるからです。

 

また、いくら求人数が多くても、自分の希望条件に沿った企業がない場合は、応募対象がないことになるでしょう。求人数が多いことは、良い転職先に巡り合うための、ひとつの可能性にしかすぎないと考えます。

 

効率の良い転職活動のコツ

効率の良い転職活動をするために、登録する転職エージェントをどう絞り込むべきなのでしょうか。

 

まず、自分の転職先の希望をよく整理してみることが大切だと思います。大きく分けると、業種や職種を重視するのか、労働条件を重視するのかの、どちらかになるかと思います。

 

業種や職種を重視する場合、その業種に特化した転職エージェントに登録した方が自分の希望通りの転職を達成できる可能性が高まると考えます。

 

労働条件を重視する場合でも、勤務地や業種、職種をよく検討して、自分が働ける環境かどうか判断する必要があります。その場合、転職エージェントをどう選べばよいでしょうか。

 

ひとつのやり方として、良好な労働条件の中で自分が勤務可能性のあるものをピックアップして、最も勤務可能性がある企業を多く保有する転職エージェントを選ぶといったことなどが考えられます。

 

このように、登録する転職エージェントを選ぶ場合は、単純に求人数で決めるのでなく、自分の状況と照らし合わせた分析が必要になってくるのです。

 

求人数の多さだけで、転職エージェントを選んではならないことの理由がお分かりいただけましたでしょうか。急がば回れ、良い転職を得るためには、一定程度の丁寧さが必要だと思います。