転職支援

転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントの落とし穴

転職エージェント 落とし穴

 

転職エージェントには落とし穴とも言えるような裏事情がある!
こう書くと、大変な秘密のように思えるでしょうが、ある意味では、営利企業の活動としては当然のことです。

 

ひと言でいうと、転職支援活動はボランティアでなくビジネスとして行われているということです。

 

転職希望者が、転職エージェントの様々な支援を無料で受けられるのは、転職が成功した場合に転職先の企業から転職エージェントに成功報酬が支払われるからです。

 

これは、悪いことではありません。転職エージェントの側は、自分のビジネスだから転職希望者を真剣に一生懸命支援するのです。しかし、ビジネスだからこそ注意しなければならないことがあります。それが、転職エージェントの落とし穴と呼ばれるものです。

転職エージェントの落とし穴!はまらないために何をすべきか

“転職エージェントの落とし穴”と言われるものの原因は、転職支援活動がビジネスとして行われることから生じます。

 

誤解しないでいただきたいのは、落とし穴と言っても、転職エージェントが一方的に罠を張っているというわけではなく、転職希望者の側にも原因の一端があることが多いのです。

 

転職活動に関して、職種や業種の希望が明確でなく労働条件を中心に転職先を探している場合、転職エージェントから労働条件の良い複数の求人企業の候補が示されることでしょう。場合によっては、同じ労働条件の中から“ある特定の求人企業”をお勧めされることがあるかもしれません。

 

そのような場合その特定の求人企業は、転職エージェント側のビジネス上の都合でお勧めしている場合もあるのが実状です。例えば、「転職希望者が実際に入社した場合の成功報酬が他の企業に比べて好条件である・・・」などといった理由です。

 

ビジネスとしての支援活動ですから、報酬の良い求人企業を勧めたからと言って転職エージェントを攻めることはできないと考えます。また、結果的に満足いく転職先であれば、転職希望者の側にも不都合はないでしょう。

 

しかし、満足のいく転職先でなかった場合はどうでしょう。そのような場合、“転職エージェントの落とし穴”と言われることがあるのです。

 

最終的に転職の意思決定は転職希望者に委ねられている以上、エージェントに有利な転職先を勧めたことのみをもって非難することはできないと考えます。やはり、自己責任である以上、転職の意思決定は十分な確認の上で慎重に行うべきだと思います。それが、落とし穴を避ける有効な方法にもなるのですから。

 

みんなが選ぶ!転職エージェントおすすめ人気ランキング!!