転職支援

転職エージェントおすすめランキング

能力が低いキャリアアドバイザーの特徴

転職エージェント 能力が低い担当者

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職支援のプロですが、中には「この人役に立たないな…」と感じてしまう人もいます。そんな担当者の特徴をまとめました。

 

役に立たない担当者とはこんな人

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職支援のプロです。転職支援の国家資格としては“キャリアコンサルタント”がありますが、多くの場合は転職エージェント自身が、一定の資格や経歴があり、転職の支援をするにふさわしいと判断した人をキャリアアドバイザーとして採用されます。

 

したがって、絶対的に役に立たない人は皆無と言ってもよいでしょう。実は、役に立つかどうかは、転職希望者とキャリアアドバイザーの間で相対的に決まる問題なのです。

 

役に立たないと感じさせる3タイプのミスマッチ

転職希望者を転職活動のタイプで類型化すると、以下の3つのタイプに分かれます。

  1. 転職先の希望が明確で、希望に合った求人があればすぐにでも申し込みたいタイプ
  2. 転職の意思は明確だが、転職先に悩んでおり、複数の求人を紹介してほしいタイプ
  3. 転職するか気持ちが揺れ動いているタイプ

 

また、キャリアアドバイザーの方も、そのスキルやこれまでの経歴によって、以下の3つのタイプに分けることができます。

  1. ある業界に精通した業界特化型
  2. 転職支援も営業活動の一環と考える営業型
  3. 転職希望者の悩みを解決するカウンセラー型

 

転職希望者が担当のキャリアアドバイザーを役に立たないと思う原因の一つに、それぞれのタイプのミスマッチがあるようです。

 

たとえば、転職希望が明確な転職希望者にとっては、転職希望者の悩みを解決するタイプのキャリアアドバイザーは必要性が少ない存在と言えるでしょうし、転職支援も営業活動の一環と考える営業型のキャリアアドバイザーは、希望もしていない企業を勧めてくるわずらわしい存在かもしれません。

 

同様に、転職するか気持ちが揺れ動いている人にとっても、営業型のキャリアアドバイザーは希望もしていない企業を勧めてくるわずらわしい存在かもしれません。こういった場合、「担当のキャリアアドバイザーは役に立たない」といった評価が生じやすいのです。

能力が低い担当者を変更してもらう上手な方法

もし、担当のキャリアアドバイザーが使えないと判断した場合、上手に変更してもらうためにはどんな方法があるでしょうか?

 

担当者とのミスマッチが使えない原因なら即交代

使えない、役に立たないと感じてしまう原因がミスマッチである場合、あなたにとって効果的な転職活動のためにはキャリアアドバイザーを交代してもらい、自分の転職活動にマッチしたキャリアアドバイザーに担当してもらうことがベターでしょう。

 

また、キャリアアドバイザーと信頼関係を築けなかったり、そのキャリアアドバイザーのスキル等に疑問を持った場合などでも、あなたが効果的に転職活動を進めていくことが難しくなることに変わりはないでしょうから、なるべく早くキャリアアドバイザーの交代を考えた方がよいでしょう。

 

担当者を変更してもらうことは意外と簡単です

担当者を変更してもらう方法は案外簡単です。転職エージェント(実際には、担当キャリアアドバイザーの上司)に、キャリアアドバイザー交代の要望を申し出ればよいのです。

 

「自分の転職活動スタイルとミスマッチのため」あるいは「信頼関係を築けないから」といった理由を述べて、現在のキャリアアドバイザーを交代してほしいと申し出れば、大抵の場合は快く交代が認められます。

 

なお、使えない担当者と感じる原因がミスマッチである場合、同じことを繰り返さないために、転職エージェントに自分の転職活動スタイルを十分説明しておくことが大切です。

 

キャリアアドバイザーには様々な支援スキルや経歴を持った人がそろっていますから、あなたの転職活動スタイルに合致したキャリアアドバイザーが必ずいるはずです。

 

また、原因がミスマッチ以外の場合は、なぜ交代してほしいかの理由を十分説明することが大切です。

 

スキルや経験だけでなく、性格面などキャリアアドバイザーのタイプも様々ですので、あなたを十分に支援できるタイプのキャリアアドバイザーは必ずいると思います。

 

転職活動もコミニュケーションとしての一面がありますので、お互いの理解を深めて、満足いく転職をぜひ実現してください。