転職支援

転職エージェントおすすめランキング

登録情報は個人情報として法的に保護されます

転職活動 知られたくない

 

転職活動していることは、やっぱり現在の会社に知られたくはないものですよね。

 

転職活動自体は職業選択の自由として憲法で守られていますが、それは建前。本音のところでは、現在の勤務先に知られてしまえば、どうしても会社に居づらくなる可能性があります。

 

そのため、転職エージェントに登録してしまうと、転職活動していることが会社にばれてしまうのではないかとの不安がある方もいらっしゃるでしょう。しかし、安心してください。あなたの個人情報は法律で守られています。

 

まず、転職エージェントに登録された転職に関する情報は、あくまで「個人情報」として「個人情報の保護に関する法律」で保護され、規約で定められた転職支援のため以外には、あなたの同意なしには使用できないことになっています。

 

仮に、会社に内緒で転職活動している者がいないか、現在勤務しているの会社がやっきになって探ろうとしても法律がガードしてくれますので、あなたが転職しようとしている秘密は守られることになります。

 

複数に無料登録して転職成功率を大幅アップ!

リクルートエージェントリクルートエージェント

マイナビエージェントマイナビエージェント

DODADODA

※転職を成功させるコツは特定の転職エージェントにこだわるのではなく、複数の転職エージェントに登録して可能性を広げることです。すべて無料で登録することができます。

転職エージェントでも厳しい守秘義務のもとに管理されています

転職エージェントの社内では、あなたが登録した秘密が守られるように、セキュリティー面で様々な工夫がされています。

 

したがって、求人企業にあなたの情報を公開する場合においても、あなたに断りなく、いきなり氏名や住所などの個人情報が示されることはありません。

 

希望する求人に応募し、その後、書類選考に進む場合でも、段取りがある定程度具体化するまでは、求人企業に対しては「こういったタイプの人がいます」というような抽象的な情報しか公開されないようにもなっています。

 

また、キャリアアドバイザーに対しても厳しい守秘義務が課されていて、仮に守秘義務に違反した場合には当然のことながら厳しい処分が待っています。

 

さらに、「個人情報の保護に関する法律」に定められた、個人情報を漏らした者への厳しい刑事罰の威嚇で、間接的にもあなたの情報を守る工夫がされているのです。

秘密を守るためには自分自身で注意しなければならないこともあります

離職期間がないように在職中に転職活動を行う方も多いのですが、その秘密は自分自身でも十分な注意が必要であると言わざるを得ません。

 

例えば、職場でお昼休みや残業中に会社のパソコンで転職活動をされたりしていませんか?職場などのプライバシーが制限されている場所・機器での個人情報の使用は危険です。

 

仮にパソコンの使用履歴を消したとしても、あなたの情報が完全に守られるとは言い切れません。現在の勤務先企業内での転職活動は、PCや電話使用の有無を問わず控えることが懸命です。

 

このように、あなたの転職活動に関する機密情報は法律が守ってくれますが、完全に秘密を守るためにはあなた自身の注意も必要です。