転職支援

転職エージェントおすすめランキング

転職のプロを介在させることで逆にデメリットと感じることも

転職エージェントに登録した場合、自分だけで転職活動を行っていたときよりも転職希望先の選定が不自由になったと感じる方もあるようです。

 

転職のプロに相談しているのに不自由になるとは、いったいどういうことでしょう?

 

自分ひとりで転職希望先を選定する場合、どこにアプローチするかは全く自由です。転職希望先の選定が個人の自由なことはプロに相談する場合も同じですが、アプローチ先への転職可能性が仮に低いと考えられた場合、転職を支援する側としては「やめておいたほうが良い」とアドバイスすることもあります。そのようなアドバイスがいらないと思う人にとっては、転職エージェントのデメリットと感じてしまう場合もあるかもしれません。

 

同じように、自分ではA社が良いと思っていたのに、転職支援のプロの視点からB社を勧められた場合、たとえそれが客観的なスキルや実績に基づいた判断だとしても、内心面白くない人もいるかと思います。そういった方にとって、自分の意に反するアドバイスは、転職エージェント活用上のデメリットと感じてしまうかもしれません。

 

実績やスキルの客観的判断により、公表されている企業は何万社もあるのにキャリアカウンセラーから勧められた企業はひとつしかなかった場合はどうでしょう?

 

自分の可能性を狭められたと、考える人もいるかもしれません。そういった方にとっては、キャリアカウンセラーのプロの目線からの求人企業の選定そのものが、転職エージェントのデメリットと感じられるかもしれません。

転職エージェントもビジネスなので・・・

転職エージェントもビジネスです。ときには、ビジネス上の理由で、ある企業を勧める場合もあるかもしれません。

 

ただし、誤解を与えないように申し上げますが、転職希望者の意に反してまで無理強いすることはないはずです。転職エージェントは、あくまで転職支援をするのが任務なのですから。

 

人によっては、転職エージェントのビジネスを理由とした勧めを、無理やり押し付けられたと感じて転職エージェント活用上のデメリットと感じてしまう方もいらっしゃるかと思います。

まとめ

転職エージェント活用上のデメリットとして、よく言われていることをピックアップしました。ここに挙げたデメリットは、人によっては全くデメリットと感じられない場合もあるでしょう。

 

どんなプロに勧められたにせよ、決めるのは自分です。転職エージェントは、ただあなたの転職活動を支援するだけ。そう考えると、転職エージェント活用において、デメリットなど無いのかもしれません。